So-net無料ブログ作成
検索選択
行政との闘い ブログトップ
前の10件 | -

豊田真由子議員 [行政との闘い]

なんかすごいな

あの暴言

俺も声をあらげることはあるが

ある程度計算して上げてるつもり

家でやるときはリスクもあることはわかっている

ハゲ死ねはわかるが秘書の娘を引き合いに出しての

死にざまの例え

ひどすぎる

あれが公務員の人の扱い方なのか

エリートだからの言い方なのか

他人のことなんか何も考えてない

そんなやつが公務員として選ばれる

世間のことなど何もわかってないやつがだよ

行政やら政治やらしてもらいたくない

エリートも世襲だから考えが同じになってきて

それが法律作っているから庶民の気持ちがわからんような法律になってしまう

庶民の気持で法律は難しいだろうが

それを反映できる行政とか政治のシステムを構築してもらいたいものだ

と話を豊田議員に戻すと

やっぱり人間として最低だよ

俺も罵倒はすれけど気もつかうし

ちゃんと何をしたらいいか提案も極力する

豊田議員のあの暴言はそれがぜんぜんない


秘書が何人も代わったとかそんな話もあるみたいだ

まあ、わかるな

やっぱ行政とか政治は社会人経験者10年以上とかいるよ

もちろん世襲のバカ(若)社長さんは除くだけどねw

土日休みなので最近役所とか行ってないな

役所は土日もやるべきだよな

最後に豊田議員にはハゲて死ねとでも言っておこうw

森友とか加計とか [行政との闘い]

森友とか加計とか何となく政治家が悪いような印象

当然政治家も悪いと思うが

行政も悪いのでは

というか行政は本当に陰険としか思えない行動をしている

一見、加計の問題は文科省の職員が正義みたいな感じだが

俺にはこいつら公務員が開き直っているとしか思えない

政治家は選挙で落ちれば特別職公務員ではなくなるが

文科省の職員はそうではない

なんか天下りの腹いせ的な感じがしてならない

最低な人間の集まりとしか俺に思えん

そして森友の8億円とかは隠ぺい

本当にやりたい放題

公務員なんて全部こんな感じかな

とか思ってたが市民病院とかの医者や看護師も公務員なんだよね

人の命救ったりしているのだから高い報酬は何となく納得

まあ都合の悪いことは隠ぺいだろうけどね

教師とかはどうだろう

中学の部活動とか休日出勤にならないとか

にわかに信じがたいね

なんかネットで書かれていることがマスコミより真実を書いているようなこと言っているが

ウソもある

そのウソの中の1つではないかと部活動の話は思ってしまう

本来無報酬なら部活動なんかやめるべきだ

俺は中学の部活動が嫌いだった

嫌いな子はかなりいると思うよ

なのになぜ休みの日に部活動させる

謎だよ

警察とか消防はいると思うけど

なんかここも変な認可商売というか

天下り多そう

隠ぺいも多そう

まああくまでもこれは俺の想像なんだがねw

まあ役所の職員は本当にクズしかいないと思っているがね

こんなこと書くとまたバカなコメントがきそうだが

そういうコメントは消すので

そういえば水道局のコメントで消してしまったが

水道を止められればいいのにみたいなコメント書いたやつがいた

消してしまったが

本来なら消さずに

俺が水道会社も選べればこういことにはならない

気に入らなければ会社を変えるだけだ

でも水道は独占なんだよな

しかも下水とセットで法律で守られている

下水整備なんか俺のところ40万もかかったよ

浄化槽の選択の余地なんかないし

政治家とグルになってひどい話だ

そして自分たちの都合の悪い政治家は潰す

政治家は少しはおいしい思いをしているが

一般市民はおいしい思いなんてほとんどない

税金のことをもんくをいうと

道とかの整備をしてるとか

いや俺は道を整備してくれと言った覚えはないし

道が凸凹でも構わないと思っている

道が凸凹なら近いところで仕事を探すだけだ

クルマバイクなんてほとんどが通勤のためだから

通勤が近くて道が凸凹ならなくてもいい

彼らは税金を取っている意義がそんなことしか思いつかないらしい

都合のいい法律作って自分たちは守られる

一般人のことなんて何も考えてないよ

先週のこと [行政との闘い]

最近仕事が忙しく

疲れていてここになかなか書けない

先週のことなのだが

先週の日曜日は名古屋に行っていた

名城公園の近くの法務局だったかな?

検察庁まで出向いていた

前の会社の2度目の告訴状の件

前にも少し書いたと思うが

前の会社は起訴猶予

次回違反をしたら考えるとか検察は言っていたのだが

今回の担当をした検察官にそのことを言ったら

そんなことは知らないと言われた

もちろん繰り返し違反をしていたら罪は重くなるとか

でもあくまで今回の件での判定らしい

前回の件のほうが明らかに罪は重そうなのだが

200時間の残業とかそれに残業代未払いだとか

今回は有給の話しだ

辞めるとき会社が勝手に有給を減らしてきたのだ

検察が会社が有給を減らしてきたのは法的根拠があるとか言ってきた

それはおかしいと猛反論と俺は労働基準監督署の人の根拠を言った

でも変形労働制というのは時間の概念があり

法定の労働時間以外は休みみたいな扱いらしい

少し上記の表現はわかりにくいだろうが

会社には根拠があると

でもここまで告訴状が取り上げられたことを追求したら

今度は実は有給消化というのは辞める日を会社と本人の同意があれば辞める日をかえれると言ってきた

もちろん辞めた翌日から新しい雇用契約がなければという前提だ

もちろんそんな前提はないし

会社はそんなことは一言も言ってない

会社は一方的に自分たちが都合の良い方でとらえているのだ

辞めた後給料が振り込まれて有給が少ないことに気づき

辞める日をかえることはできなかったのかと言ったら

それは出来ないとはっきり言った

そのことを検察に伝えて検察との話は終えた

だが検察官はウソつきがいる

公務員なのにウソで逃げた

検察官には犯罪を判定する権利がある

そんな奴がウソをついたのだ

話しを濁しただけともいえるが

それでも税金でメシ食っているやつのいうことではないので

ウソと書かしてもらう

俺は法的に罰則があるのなら

すべて罰則を適用すべきだと思っている

そしてみんながあまりにそれは重いのじゃないかと思えば

その罰則はなくすべきだと思う

必要だから罰則があるのだから

検察は抑止とか言っていたが

抑止とは使わなければ抑止にもならないし

世に知らせなければ抑止なんかにならない

今回も不起訴ならもちろん再審をするつもりだ


本日、検察審査会に審査請求を送っておいた [行政との闘い]

以前勤めていた会社の労働基準法違反が不起訴になったことに対し

検察審査会に申立書を送っておいた

当然不起訴不当ということでだ

内容としてここに示しておきます



不起訴処分を不当とする理由



 



今回の労働基準法違反が不起訴になったことが納得いかなく審査をお願いします。



 検察側の人の判断では不起訴ですが処分保留と言っていました。処分保留とは違反があったが現時点での訴えは解消されたとの見解だされた結論だそうです。



 解消の意味は訴えた部分の残業代が払われたことと、制服の件は就業規則に有償と書いたことで問題は解消ということだそうです。因みに制服代は会社に取られたままです。



 法律的にはこれでいいのでしょうがそこに違反があったことの事実がありながら不起訴(現時点では無罪といっしょ)という処分はおかしいのではないかと思います。



それに解消と言ってもこの部分だけ解消されただけで、会社として法令を守ろうとはしていません。なぜならこの告訴をした部分から残業代を支払ったというだけです。その前の残業代は未払いで本来ならそれも払わなければいけないはずです。正直それらを払っていただかない状態で解決というのは納得できないし、月の残業200時間越えは残業を払ったから働かせていいとは到底思えません。当然その時会社は残業代のことは何も言っていません。



 たぶんこの2点以外にも労働基準法違反はあると思いますが訴える側としては訴える部分が難しく簡単なことを訴えるしかありません。(お金もないですから民事とかはやらないです)簡単な訴えだから解消はそれほど難しくはありませんが、不起訴というのは違反があった事実おも無罪と言われているとしか思えません。私、個人は労働基準監督署に訴えを起こして3年目にこういう結果になりました。2年以上苦しみ続けました。それが訴えたことが解消したから無罪。これには納得がいきません。私が自殺でもしないと私の労働基準法違反の重さがわからないということなのでしょうか。



 検察の人は私には事情聴取などはやらずに資料だけを見てこういう判断にしたそうです。検察の人にはこういう例えをしました。道でおっさんが、たち小便をしている。見ている人は傍観者です。傍観者の人たちはたぶんそれが軽犯罪だと知っていますが、それを注意しません。私もそんな光景を見ても絡まれたくないので注意しません。しかしそのたち小便の雫がかかったとしましょう。その人からみればそれは立派な傷害になるのです。現時点で傍観者というのは検察の人、障害を受けたのは私ということです。検察の人は物事を客観的にとらえないといけないのでしょうが当事者の気持ちは分かってないようです。少し例えがおかしいかもしれませんがこういう例えしか思いつきません。



でもこんな結論しか出せないなら法律の罰則とはいりません。客観的にとらえるところに罰則があるのならその部分を客観的にとらえて違反があった事実で起訴をしてもいいとも思えます。



後、この会社は本当に改善の意思などはなく平成28年1月6日付で新たにこの会社に対し告訴状を作成しました。内容は有給休暇を取らさない違反です。これも労働基準法の違反にあたります。よほどお金を払いたくないみたいです。内情はこちらもなんとなくはわかりますが、それだからと言って残業代や有給休暇をとらさないということは別のはなしです。会社が本来、ちゃんとした仕事をしたいならちゃんとした金額で仕事を請け負うべきだと思います。ちゃんとした金額で請け負わないので残業代をごまかしたり有給を与えなかったり、会社としては成り立っていないように感じます。



私は一定の解決をしていますが解決をしていない人のことも知っています。残念ながらその人達を救ってあげることはできません。本人に会社を訴える意思がないからです。



法令違反をしながら訴える人がいないから違反ではない、違反を訴えたとしても解決しているから不起訴、この考えではいつまでたっても労働基準法違反はなくなりません。



会社にお金がないのもわかりますがだからと言って残業代を払わないというのはおかしいです。



審査会の人達にはこのことを踏まえた上でこの会社に重き処分を望みます。



Wordで書いたものをコピペ

読みにくくてすみません

因みにここに書かれている新たな告訴は

昨日労働基準監督署に送っておいた

こんな会社はつぶれたほうがいいよ


新しい項目でも作ろうか? [行政との闘い]

俺のブログの項目で行政との闘いという項目がある

正直彼らには勝てない理屈は分かっている

行政も司法もグルだから

結局裁判とか起こしても行政側の不利になるようなことにはならない

行政不服審査法とかいう法律は少しは変わるみたいだが

結局これもガス抜き程度の改正

根本は何も変わっていない

こうなったら行政との闘いではなく

行政批判といこうか

公務員とか批判し続ける項目とかww

災害時は公務員は緊急対応しないといけないとか

それはいいが公務員はちゃんとそれは残業代がでる

でもボランティアは何も出ない

ボランティアを公務員が仕切ってたいしたことはしていない

そもそもその災害が行政の見通しの甘さが原因なら

行政は賠償責任はあるはず

本来なら損害の中にボランティアの働いた金額も損害に含めて

試算していただきたい

というかボランティア何かいらないし

本来なら行政側がそれを支払うべきだと考える

それがいやなら自分たちでやればいい

当然肉体労働をしろということだ

まあ公務員の仕事なんてしれているが

たまに動物(’猛獣とかではない)とかが逃げ出し

市の職員が対応とかいうニュースが流れるが

あれは俺にはがんばっているようには見えない

遊んでいるとしか思えないww

そうそう東京オリンピックでボランティアとか言っているが

ボランティア使わないちゃんとしたお金の動きを試算していただきたいものだ

それが赤字ならオリンピックなんてやる価値はない

行政の人達は本当に勘違いしてないか

勘違いは行政の人達だけではないけど

政治家も同罪だ

ちゃんとすべてを経費としたマネジメントをしてむらいたいものだ

行政、司法、立法というが

すべてがグルだから始末が悪い

そこに資本主義者が入ってきているから

たぶん人口の半分以上が俺も含めて

これらの権力の奴隷になってしまっている

彼らが作った彼らの都合のいい制度の中では

何をしても無理なのかもしれないが

だから批判をしようと思う


公共に対して [行政との闘い]

公共機関に不服とか異議とか審査請求とか陳情するとき

役人や政治家は文面で意見を出せと言ってくる

検察審査会制度でも

口頭意見陳述とかなく文面のみらしい

前の会社の労働基準法違反のことだが

労働基準法違反って他人からみたら

たっしょんを見かけたぐらいの犯罪にしか思わんだろう

あっ!あんなところでおっさんがたっしょんしとる

いけないんだ

ぐらいだと思う

でもそれは傍観者の意見だ

不起訴にした検察もこんなところだろう

でもそれを当事者の立場なら

と少し表現がおかしいが

それと当事者というのは

たっしょんをしているおっさんではない

そのたっしょんをしているおっさんのしずくがかかったとしよう

それは許せるか?ということだ

そこで話し合いで何とかできるならいいが

結局そのおっさんがあやまらない

こちらは

じゃ社会的制裁を加えようと

そのことを刑事告訴したということだ

例えが変なところにそれているかと思うが

文章にするということはこういう大げさな例えを出すしかなくなる

事実を端的に書いたところで

たっしょんをしているおっさんを見かけたぐらいの軽犯罪にしか思わないだろう

無関係なら当然それに注意とかもしないだろう

俺もただ見かけたなら当然知らん顔する

でもその被害者ならと思わせないといけないので

ふぅ~

なかなか文章するということはしんどいな

あっ!

これ以外に文章化しないといけないのが

岡崎議会への陳情書だ

少し前に議会の陳情に対し意見を述べる場を設けて欲しいと

簡単な文章で書いたら

議会は原則文章で提出していただくことが原則で

俺の意見は意見としては聞くがとりあえずやる気がないらしいとの

回答が返ってきた

わかった

ならば文書で書いて議会や役人をなじることを計画しようとい思う

何故こんな陳情をしたか

昔、住民税の分割の陳情をして傍聴してたのだけど

議員は本当にやる気はないし

意見を聞くのは役人ばかり

市民の声は聞かないらしい

当然意見を聞いていたら議会自体が長引くだろうし

それに議員が意見をしたら

陳情したひとが怒り出すかもしれない

怒るというのは態度がいけないかもしれないが

最初から聞く気がないような意見しか言わなければ

怒れてきて当然だ

ならばその議会の人間や役人を文章でなじろうと

イケない計画をしようと思いついたということだ

ここの文章をある程度流用しながら

現実的な文面も書くつもりだ

まあこうなると陳情の中身なんかどうでもいい感じだが

そうではないので

それとたっしょんは軽犯罪だ


久しぶりに厚生労働省に電話した [行政との闘い]

休憩について聞いてみた

厚生労働省曰く

休憩とは自由な時間かということらしい

自由な時間ならそれは仕事ではないので賃金は発生しないとのこと

しかし原文にはそんなことは書かれていない

原文には8時間以上の仕事の場合1時間の休憩を与えなければならない的な文面だったと思う

ただそれだけそこに賃金のことは書かれていない

書いてあるとすれば坑内作業の場合は1日を時間で給料を払うという文面だろうか

でもこれは坑内作業について書かれているだけだ

坑内作業とはトンネルとかの作業を指す

派遣とかの会社も休憩時間は賃金を払わなくていいと書いてあるが

原文にはそんなことは一言も書かれていない

ということは解釈次第では払わせることも可能なのでは?

そんなんで厚生労働省にいつもの通り突っ込んだ話をした

原文にないのなら払わなくてはいけないのではと言ってみたら

いろいろな学者の見解でも仕事の対価として払われるのが当たり前と返された

俺は学者の見解ということはとすぐに切り替えしこう言った

学者が判断しないといけないということは

払うということにもとれるということだったのでは?

それを学者は経営者側の立場だけでものを言っていると

本来ならこれは裁判で争うべきことでしょ?

そしてその裁判の前例があるのならそれを教えて欲しいと

そしていろいろ話していたら

元々の理念が仕事の対価が給料ということなので

休憩は仕事ではないと?

あれれ?さっきは学者先生とおっしゃったのでは?

今度は労働基準法の理念とか言い出した

結局は役人がそのときの解釈が独り歩きしているのではと思った次第だ

そもそもこんなことを気にしないといけないのは時給とかで働くパートタイマーなのだ

給料のいい人達には関係ない話しだ

厚生労働省の役人も大企業の味方のようだ

働かない時間は給料を出さないなら

役人も相当賃金を安くしないといけないな


腹立つよ [行政との闘い]

本日、岡崎の労働基準局に行ってきた

当然会社のことを訴えにだ

訴える前に会社からメールがきた

1人隊長研修してほしいと

俺はただの研修だと勘違いして

ここのところ俺の職場での研修が多いので

会社にそんなに人を入れて大丈夫か尋ねた

俺の勘違い指摘されて

と同時に俺は危機感を覚えた

隊長研修をさせるということは

俺はいなくてもいいということだ

これが会社の考えなら

俺は稼ぎが少なくなってしまう

それにシフトのことを言ってきた

今後は会社でシフトを組むと

俺にはシフトを組んでくれとは言ったが

管理権限を与えた覚えはないと

今まで俺がシフトを組んできて

今更それはないとメールで送り返したらシカトされた

そこで休みの日にメールとか送ってくる人に休みとか考えているのかと

メールを送った

まあこれもシカト

こんなことがありながら労働基準局にいろいろ訴えにいった

相変わらず縦割り行政

少し的はずれなことを言えば取り扱ってくれない

とりあえず今日メールしてきたやつのことをパワハラだと言ったら

それはそうとはとれないと言ってきやがった

頭にきたので大声で怒鳴ってやった

お前らがおかしな要求(所轄の労働基準局に訴えろとか)

だいたい岡崎のハローワークで出ていた求人なのに

去年は常滑

今年は今の時点で豊橋だ

それぞれ1時間以上かかる

そして訴えるところが名古屋

ふざけるなと言いたい

ではなく言ってきた

そして自分で辞めれば自己都合退社

国はこんな制度本当にいいと思っているのか

それに役人は何もやらない

おかしな法律でも変えようとしない

政治家が法を決定するのだが

その根本は役人が考えている

そこは政治家の陰に隠れて逃げてしまう

最低な人種だ

これが怒らずにいられるか

怒鳴っても解決しないが

とにかくそんな奴らを怒鳴りたい

それに最低賃金が法律に乗っ取って作っているなら

役人も最低賃金でいいのではないか

それで生活できると思うならやってもらおうではないか

毎年社会保障だけは上がることは決まっているが

最低賃金が上がる保証はない

一応上がっているが

社会保障がこれを上回る勢い

これでは生活はやっていけないぞ

それに今の仕事は行政のやっているところの管轄の仕事だ

そんなところが賃上げとかはやらない

経費削減だとよ

バカにしてるとしか思えない


バカの厚生労働省 [行政との闘い]

俺はたまに厚生労働省に電話をする

疑問に思ったことを質問するために

今回は以前、労働基準監督署からもらった

労働時間等に関する規定の適用除外(法第41条)

(あらら、コピー元の色情報まで入ってしまった)

これの解釈文に警備業がついている

要するに法令では監視となっているのがこれにあたる

でもこの監視をする警備の制定が

どうもいろいろな時代が混ざって出来ているみたいなので

何かおかしく感じる

警備業法自体は確か昭和47年に出来ているみたいだ

それなのに法令の判例みたいなものが昭和23年になっていたり

許可があれば警備業に委託できて24時間働かせれるみたいな解釈があったり

委託で24時間働かせる前提で4時間以上の睡眠で1回1時間の巡回で6時間以内の巡回ならOK

結構過酷だと思うのだが

これが厚生労働省には軽い仕事らしい

これって心室細動になるようなかんじだぞ

心室細動の因果関係に寝不足と運動というものがある

(昔特命リサーチ200Xというのでやっていた)

この定義は十分当てはまると思う

これが委託若しくは請負の人間に責任込みで最低時給でやらせる仕事とは

それに社会保障も付けないでだ

そんなことや

緊急の文書や電話の収受についてもやらせるらしい

この緊急の文書や電話の収受の中に婚姻届や死亡届があるらしい

でもこれって

業務の支持を聞くことになるのでは?

とこんなやりとりを厚生労働省のおバカとやり取りをしていたら

バカ役人は緊急の電話とは火事の通報とかのことだと言い出した

これは意外な展開だ

そこで届出の電話の委託業務はと聞いたら

そんなのはおかしいと言い出した

役所の直接の業務とは関係ない業務しかやらせれないと言ってきた

話しが本当におかしな方に

まあこちらとしては願った展開だが

どう考えても解釈書とは違うような?

収受と書いてあるので聞く側のことであるのに

バカ役人は通報の電話の解釈

これを盾に岡崎市に厚生労働省の労働基準監督局がこんなことを言ってますと言ったら

調べてみますとの回答

俺が偽装請負ですよねと言って

そして直接雇えばこんなことにならないのではと言ったら

業務委託によるコスト削減だって言い出した

俺がコストは人件費だから誰も人件費何か削減しろとは言ってないし

そもそも社会保障費や税金は上がるのにこんなことをしたら払えるわけがないと俺の持論を展開

そうしたらバランスをとるためにやっているとか言い出した

バランスとるなら給料の上がらないやつから税金何かとるなと言いたかったが

仕事に戻らないといけなかったので電話を途中で切った

でもこれで公共の電話番は偽装請負ということになる

電話オペレーターというのは派遣業だと思うのだが

それに近いことを請負の人間にやらすのはやっぱり違法だ

電話の内容を提出してもらうだけだと言っていたが

そこで何も仕事のことを言わないのはかなり不自然だと思うぞ


この国はおかしい [行政との闘い]

本日、ヤフーのニュース時事通信だったと思うが

派遣法の改正のことが書いてあった

それは3年の時限制を無期限にするということだ

そして労働者側が折れた形となったと書いてあった

労働者の代表?

すごく違和感がある

俺はその労働者の代表とやらに

派遣法のことなど聞かれたことがない

で もって早速その辺を突っ込んだ

労働者の代表って誰だ

電話番号とか教えろと言ってみたし

代表なんかいつ決めたとか

子供みたいなことを聞いてやった

でもこれぐらいのこと答えれないなら

この労働者派遣法が如何にインチキな法案かということが証明される

代表者は厳選に選ばれたそうな

正直インチキくさい

どころかインチキ

どうせ経団連の回し者だろ

経団連のホームページに働き方いろいろと書いてあったが

働かせ方いろいろの間違いではないのか?

この国はほんとうにおかしい

この国だけではなく世界全体がおかしいのかもしれない

金持ちが努力したから金持ちになったとは絶対におかしい

労働者に労働基準法を守らない経営者を殺す権利をくれるなら話は別だが

それも厚生労働省に行っておいた

ご意見として伺っておきますだって

厚生労働省の役人はバカじゃないのか

ところで立法は政治家の仕事のはずだけど

何で厚生労働省が会議しているのかな?


前の10件 | - 行政との闘い ブログトップ
メッセージを送る